乳幼児は、自分で鼻をかむことができないため、鼻が詰まると呼吸がしづらくなったり、鼻水がのどに落ちてしまいせき込んで安眠することができません。そういった時には、鼻水吸引器が効果的です。鼻水の吸引器には、親が吸う手動のものが一般的かもしれませんが、粘度の高い鼻水の場合なかなか吸引することができませんし、親が感染してしまうリスクも少なくありません。一方、電動鼻水吸引器の場合なら、粘り気のある鼻水も吸引することができ、耳鼻科に行かなくても自宅で処置することができ、夜のせき込みも減少するため、十分な睡眠をとることができるようになります。鼻の奥にある風邪のウイルスが、鼻水と一緒に耳へ入ってしまうと中耳炎になってしまいますから、鼻水を吸引することで中耳炎のリスクも減少させることができます。

電動鼻水吸引器を使用するメリット

小さい子供は自分でうまく鼻水をかむことができませんから、耳鼻科で吸引してもらうか、親が吸引してあげないとせき込んでしまったり、息苦しくなって機嫌が悪くなってしまいます。毎回耳鼻科で吸引してもらうことが難しいため、親が吸引してあげるのが負担も少なくておすすめです。ただ、一般的に販売されている口で吸引するタイプのものは、なかなか鼻の奥にある鼻水を吸引することが難しく、親もウイルスに感染してしまうというデメリットがあります。電動の鼻水吸引器は、耳鼻科で使用しているような吸引器ですから、粘り気があって口では吸引するのが難しい鼻水でも、自動で吸引することができます。なによりも、鼻水を吸うことで、のどの方へと入ってしまう鼻水を取り除くことができますから、寝ている時のせき込みも減少し、睡眠を十分とることができるため、回復も早くなるというメリットがあります。

電動鼻水吸引器の選び方のポイント

電動の鼻水吸引器と一言でいっても、現在ではさまざまな種類が販売されています。中には、耳鼻科で使用できるほど高性能のものもありますが、価格が高く、なかなか手が出せないというタイプのものもあります。使う頻度にもよりますが、購入する際のポイントとしては、すぐに圧力が出て、吸引し続けてもパワーが減少しないかどうか。お手入れが簡単かどうかを基準にして選ぶと、失敗しないでしょう。中には、デザインがおしゃれなものもありますが、本来の目的は鼻水を吸引することですから、吸引力が落ちず、掃除が簡単にできるものを選ぶと長く使用することができます。特に、衛生面では気をつけないといけませんから、使用するたびにお手入れをする必要がありますから、掃除がしやすいかどうかもポイントとなります。