赤ちゃんや幼児は、よく風邪をひきますから、頻繁に鼻水を流します。特に、生後3ヶ月程度の赤ちゃんは、口呼吸ができませんから、鼻が詰まってしまうと呼吸が苦しくなり機嫌が悪くなってしまいます。また、最悪の場合は窒息してしまう危険性もありますから、できるだけ早く取り除いてあげることが大切です。鼻水を吸いとるには、鼻水吸引器が効果的です。鼻水は、耳鼻科に行けば吸引してもらうことができますが、頻繁に行く必要があり、別の病気をもらってしまう可能性もありますから、できれば自宅でケアできれば負担を軽減することができます。家庭で使用できる吸引器には、手動の鼻水吸引器と電動鼻水吸引器があります。どちらにもメリットとデメリットがありますから、購入する際には、よく検討して購入することが大事です。

手動と電動鼻水吸引器はどちらがいいのか

手動の鼻水吸引器は、1000円前後という安さとコンパクトで携帯にも便利というメリットがあります。そのため、一つは持っているという人も多いかもしれません。ただ、手動の吸引器は、口で吸引していくため、一定の力で吸引することが難しく、粘度のある鼻水には不向きです。また、ウイルスに感染してしまう可能性もあるというデメリットがあります。電動鼻水吸引器は、一定の力で吸引することができ、ネバネバとした粘度のある鼻水も吸引することができますから息苦しさも軽減させてあげることができます。また、ウイルスが鼻の奥や耳に侵入することで起こる副鼻腔炎や中耳炎などを予防することもできますから、非常に便利な道具といえます。手動のものに比べると高額になりますが、家族全員で使用することができますから、おすすめです。

電動の鼻水吸引器の相場と機能とは

電動鼻水吸引器は、風邪の悪化を防止し、中耳炎や副鼻腔炎のリスクを軽減することもできる便利な道具です。ただ、デメリットとしてサイズが大きく携帯には不向きということと、価格が高額というデメリットがあります。電動の鼻水吸引器の価格相場は、1~4万円と金額には幅があります。ただ、高額であっても使い方が難しいものであったり、使用しない機能がついているというものもありますから、自分にとってどの機能が重要なのかによって選ぶとよいでしょう。鼻水吸引器を選ぶポイントとしては、使いやすくて、吸引力が十分にある。洗浄が簡単に行えるものを選ぶと失敗は少ないといえます。据え置きタイプの鼻水吸引器は、分解して洗浄しないといけないものも多く、お手入れが面倒だと使用頻度が下がってしまいますから、なるべく簡単に洗浄できるものを選ぶことをおすすめします。