子どもが自分で鼻を噛むことが出来るようになるまでは、親が鼻水を取り除いてあげる必要があります。大量の鼻水が出るような状況下では、ティッシュを使用していると、皮膚が荒れてしまう可能性がありますし、時間もかかります。そのような時に便利なのが、電動鼻水吸引器です。手動タイプの鼻水吸引器もありますが、なかなか上手く鼻水を吸引することが出来なかったり、疲れてしまうということもあります。電動タイプであれば、簡単に鼻水を吸い取ることが出来ますので、負担を軽減させることが出来ます。電動タイプの鼻水吸引器を使用しても、思ったように鼻水を吸引することが出来ないという場合には、鼻水吸引器を使用して鼻水を吸引するタイミングなどを見直してみると良いでしょう。

鼻水の粘度を弱めることがポイント

電動鼻水吸引器は簡単に鼻水を吸引することが出来るという特徴がありますが、一方でコツを掴むまで慣れが必要な場合があります。上手く鼻水を吸引するためには、お風呂上がりに使用してみると良いでしょう。お風呂上がりは、鼻水の粘度が弱まっていることが多く、市販されている電動鼻水吸引器の吸引力でもしっかりと吸い出すことが出来るという事が多いようです。お風呂に入るのが難しいという場合や時間が無いという場合には、蒸しタオルを作り、その蒸しタオルを鼻全体にあて、温めるようにすると同じような効果を得ることが出来ます。蒸しタオルを作る場合には、タオルの温度に気を付けるようにしましょう。また、口を塞いでしまうと、息が苦しくなってしまいますので、口にはタオルをあてないようにしましょう。

子供のサイズに合ったものを使おう

鼻水の粘度が高いという場合には、市販の鼻水吸引器では吸い取ることが難しい場合もあります。そこで、こまめな水分摂取を心掛けるようにしましょう。水分を多く摂ることにより、鼻水の粘度が弱まることがあり、吸い取りやすくなります。鼻水吸引器を使用する時には、鼻の穴の中にノズルをいれる必要がありますが、この時のノズルの角度が適切ではなかった場合も鼻水を上手く吸い取ることが出来ない原因であることもあります。そこで、ノズルの角度を変えてみると良いでしょう。ただし、注意しなければならないのは、ノズルを鼻の奥までさし込まないようにするということです。奥まで入れてしまうと、鼻の粘膜を傷つける原因となります。また、ノズルが細く、鼻の穴とノズルとの間に隙間があるような場合には、鼻の穴を塞ぐことが出来るようなサイズのノズルを使用するようにしましょう。