電動鼻水吸引器を使用した保護者の方からは、購入してとても良かったという意見が多く聞かれます。耳鼻科に行き吸引してもらっていた手間が省けると喜ばれている方、しつこい鼻水で苦しむお子様がとてもすっきりとしている様子が見ていてとても嬉しいという方もいらっしゃいます。たまった鼻水は呼吸の妨げになったり中耳炎の原因となったりしますので、すみやかに取り除いてあげましょう。もちろん直接鼻の穴にノズルを差し込んで鼻の奥にたまっている鼻水を吸い込むという機械ですので、正しい使用方法が求められます。上手に使ってお子様を鼻水の苦しみから助けてあげましょう。使用時には必ず電動鼻水吸引器の取扱説明書も熟読し、お子様が痛みや不快感を訴えた場合にはすぐにノズルを抜いてあげることも大切です。

使用中の姿勢はきちんと頭の部分を動かないようにして

お子様の鼻はとても小さく、粘膜も敏感です。電動鼻水吸引器はノズルを鼻の穴に差し込んで使用する性質上、無理に動かすと怪我をさせるおそれがありますので慎重に行いましょう。お子様が動いたり暴れたりしないように、しっかりとおさえておくことが重要です。乳児の場合には頭を手でおさえ、反対側の手を使ってノズルを差し込むという方法が適しています。また動きが大きい場合には、仰向けに寝かせてあげた姿勢で保護者の方が膝を使って挟んで、固定した体制で使用すると良いです。幼児期は、ある程度聞き分けができるようになりますので、座らせたままでもできるケースもありますが、より確実に鼻水を除去するときには同様に仰向けにさせて、寝かせた姿勢のまま使用してあげるのが良いでしょう。

ノズルは垂直に挿し込み使用後はきれいに洗浄

ノズルを挿し込む場合は、空気がもれないように注意しながら垂直にそっと動かしていきます。この時に横から空気が漏れてしまうと上手く吸引できませんので、しっかりと隙間を塞ぎましょう。上手く鼻水があるポイントにノズルがあたると、溜まった鼻水をすっきりと吸引することができます。この時には、お子様が痛みを訴えたらすぐに使用を中止してください。無理に続けると怪我のおそれがあります。もちろん順調にいけば痛みを感じさせずに吸い込むことが可能です。吸い込んだ鼻水には、細菌やウィルスがたくさん含まれていますので、ノズルは使用後にすぐ綺麗に洗いましょう。お子様が複数いらっしゃる場合には、同じノズルで連続使用をせず、ノズルを交換するかきちんと洗浄して消毒することも重要です。